三者面談に行ってきました。子どもはなぜプリントを無くすのか

今日は三者面談があり、子どもの学校へ行ってきました。期末テストの結果や成績を見せてもらって平均点と比べてみると勉強はまあまあ頑張っている方なのかなと思ったのですが、一方で提出物をしょっしゅう出し忘れていることを初めて聞かされてびっくりしました。

確かに子どものカバンの中はいつもぐちゃぐちゃだし、先日は子どもの机の上から物がはみ出して落ちそうになっていたので整理していたら色んなプリント類が何枚も出てきて、これってこのまま家にあっていいのかな、と疑問に思ったりもしていたのですが。

いちおう見つけたプリントはアピールのためにをまとめて目立つように机の真ん中に置いておいたのですが、そのあときちんと提出するように声掛けをするべきだったのかもしれません。でももう中学生なんだし、そこまで手をかけるのもどうなのか・・育児はなかなか悩みがつきないものです。

子どもからプリントが出てこない

ひとつだけ困ったのは、クラスのお母さんたちとお茶を飲みながらお話をする懇親会というのがあるのですが、そのお知らせのプリントも私が受け取っていなかったことです。

たとえ欠席の場合でも出欠の返事は出さないといけないので、今日三者面談で先生に教えてもらわなかったらそのまま知らずにいて、幹事の人に迷惑がかかってしまうところでした。

家に帰ってそのお知らせを探してみましたがなんと本人はそのプリントをなくしてしまったらしく、仕方なく出欠の返事だけコピー用紙に書いてもたせました。

私は結構プリントなどを整理するのが得意なので、いったいどこへなくしてしまうのか不思議で仕方がありません。もうすぐ今年も終わりますが、来年こそはもう少ししっかりしてほしいなと思いました。

カテゴリー: マイメモリー パーマリンク