タイトルの重要性。人気記事にはある共通点があることがわかった

私は文章を書くプロを目指す者です。それで勉強のために毎日、主にネット上の様々な記事を読んでいます。読めば読むほど、この世界の奥深さを感じていて、自分はまだまだだと思い知らされる毎日です。

最近になって、その記事のタイトルを読んだだけで、興味を引くものとそうでないものとに分かれることに気がつきました。興味を引かれるタイトルの記事は、やはり人気になっていることが多いようです。

人気記事には、ある共通点があるといいます。多くの人が信じていること、いわば当たり前のことを当たり前に述べることは、読んだ人の共感を生むので、それはそれで効果のある記事になります。

しかしそれだけでは不十分な場合が多いといいます。「そうだよね」で終わってしまい、あまり記憶に残らない記事になってしまうからです。そこで、多くの人が信じていることに対して、少しだけ食い違うようなタイトルにすると、ぐっと興味を惹きつけるものになるということです。

たとえば私は、こんなタイトルの記事に興味を引かれました。「日本ハム大谷の二刀流をビジネスマンこそ見習うべき理由」

それまでのプロ野球の常識を覆してきた大谷選手ですが、多くの人が常識だと考えている、専門分野に集中するべきということと食い違うところに、興味を引く秘密があるようです。

ただ、専門バカになってしまっては潰しが利かなくなるというのも、当たり前のことではありますが、このように興味を引く記事の書き方やタイトルのつけ方は、見習いたいと思いました。

お金がなくてやばい

最近テレビやら冷蔵庫やら家電を一新したので、お金がなくてやばいです。来月給料日までカツカツです。そこで消費者金融でお金を借りることにしました。少額なので、怖くありません。お金がないときは借りればOK!

お金がない時どうする?

とりあえず、10万円借りて生活を維持しようと思います。

保存

カテゴリー: マイメモリー パーマリンク